個展『身体論』

2018年 札幌市資料館

展示作品

a『対話』 上演時間:15分 サイズ:19インチテレビ液晶モニター

作品コンセプト:親子、介護職員と入居高齢者、コンタクトインプロヴィゼーションユニットダンサー2人、3組による「身体での対話」を撮影。言葉での対話とは異なる方法での対話の試みによってその可能性、難しさ、あるいは発見などについて語ってもらった。

協力:伊藤 恵理 伊藤 加寿己 堀内 信子 田森 キミ子 尚子 micelle(河野千晶 櫻井ヒロ)

b『祈りの身体』 上演時間:3分 サイズ:900×1500mmスクリーン、プロジェクター

作品コンセプト:新芸能集団乱拍子の村場踊による、諸願成就の獅子舞の映像。自分以外の人々の祈願のために踊る、自分のためでなく他者のためにある「祈り」の身体のありようを見つめてみる。

協力:村場 踊(新芸能集団「乱拍子」)/performer

c『手のインプロヴィゼーション(即興)』

制作年:2017年 

・サイズ:32インチテレビ液晶モニター×3台

・上演時間:5分(ループ展示)映像作品

作品コンセプト:0~92歳まで、老若男女56人の「手の即興ダンス」を撮影し、12分割の画面で並列して展示。さまざまな手の形状、動き、その差異を見ることで社会における人々の多様性について考える。2017年JRタワーARTBOX優秀賞受賞。

Thanks to:Kanna Fukasawa / Rie Fukasawa / Riku Morishima / Hiroshi Morishima / Kou Tomita / Sayoko Tomita / Hanane Horiuchi / Yuina Kudo / Yasuko Kudo / Natsuno Koya / Haruna Azumaya / Ayu Tsutaho / Anju Yamada / Megumi Yamada / Takako Hidaka / Ui Misaki / Yasuka Furukawa / Sanae Furukawa / Shun Echigoya / Sakuya Shirasagi / Naoki Sugimoto / Hideki Saito / Shota Konno / Taichi Nakamura / Hijiri Yoshida / Tomomi Fujita / Yayoi Kodai / Shinobu Matsuda / ikura / Tango / Hiromi Watanabe / Naoko Wakiya / Hisae Moriyasu / Hiroaki Oura / Hiroaki Ara / Masashi Higashitsuji / Akira Kamekawa / Miki Goto / Hiroshi Goto / Taeko Sasaki / Akiko Maeda / Yuko Yoshida / Satoko Nagano / Ryuko Tsugawa / Kumiko Kawaharada / Toshimitsu Hirota / Toshima Shiga / Akira Kawashima / Michiko Kanayama / Toshi Yamashiro / Mamoru Ueno / Kiyoko Hisamatsu / Misako Nasuno / Kazu Toyama / Sayo Numata / Masao Okabe