Neo Möbius -新しいか古いかに関わらず、発見された環

めぐる環(わ)の周辺で、表と裏とが入れ替わる。
主体と客体、その繰り返し。此方から他方へ、その繰り返し。
同じトコを繰り返して、違うコトへとたどりつく。
「循環」をめぐる、5つの作品を上演。

   

   

〈上演作品〉 ※上演順ではありません。

01 ハカヌ
振付・出演:堀内まゆみ 音楽:新藤理(22日のみ出演)
寝静まった部屋のすみで、かさかさと動く音がある。小さな白い箱のなかにいる、一匹の虫。その虫は自分以外の誰かのために糸をはく。自分がもう一人の誰かだったかもしれない夢を見て。

02 海上の光
作・音楽:鼓代弥生 出演:パーツイシバ
葛藤の存在する創作や生業。太陽や月の放つ光に照らされて、またそれを発見しては内側へ還る。肉体の持つ時間と天体の持つ時間を結ぶ、海の上の光。変化は時間と共にある。

03 Things ※22日14:00の回のみ上演
作・出演:横山祐太
わたしにとって良い演奏とは、相反する何かと何かの中間あたりに”ある”ことです。”あろうとする”のではなく”ある”ことを目標とした際にThingsというタイトルに繋がりました。

04 雲より出でて、花より生ず
作・音楽:鼓代弥生 音楽:今井大蛇丸
雲から出た雨の行先、花から生まれた光の恵。意識することなく取り混んで、排出する透明なエネルギー。恵と共に舞い降りる、恵でないものの存在と、そこで暮らす人たちの過ごし方。

05 地平線上に萌ゆるあの青い明星に向かって彼ないし彼女は脇目も振らず走り始めたのであるが、息を切らして街角に辿り着いた時には、その星は既に消え去っていた
振付・出演:平尾拓也
ダンスの作品作りは初めてですが、誠心誠意踊らせていただきます。

   

   

日程(全3回公演)
12月21日(土)14:00
12月22日(日)11:00 14:00
※開演の30分前より受付開始
※上演時間 約1時間30分を予定

会場
札幌市資料館(札幌市中央区大通西13丁目)2階 研修室
地下鉄東西線「西11丁目駅」1番出口より徒歩5分

チケット
◆前売 一般 ¥1000 一般ドリンク付 ¥1200 学生 ¥500
◆当日 一般 ¥1400 学生 ¥500  ※未就学児入場無料

   

※ドリンク付きチケットは、受付後に1階「SIAFラウンジ」にてコーヒーやソフトドリンクなどとお引き換えいただけます。会場内でのお召し上がりも可能です。

   

   

ご予約・お問い合わせ:さっぽろ演劇研究室
TEL 090-7515-3019 MAIL satsu.labo@gmail.com
【予約フォーム】http://satsulabo.net/reservation

公演制作:鼓代弥生 堀内まゆみ 本多竜二 松田忍 安田せひろ
宣伝美術:鼓代弥生
協力:さっぽろ演劇研究室